前へ
次へ

仲介手数料は不動産会社にいくら払うか

不動産会社と契約をする場合には、通常仲介手数料を払うのが基本になります。この仲介手数料に関しては、会社によって若干数字が違うものの、概ね3%ほどになっているのが基本です。たまに2%になっていることもありますが、法律で3%までが上限としているため、3%になっていることは納得ができるところでしょう。このような場合には、一体どれぐらいの金額になるか見ていきましょう。基本的に仲介手数料は、不動産の3%ですが厳密に言えばそこに60000円と税金を加えた金額になります。例えば2000万円の不動産の取引をする場合には、その3%になるため60万円になります。これに60000円をプラスして66万円になることがわかるでしょう。この金額に消費税を加えれば正しい金額を出すことができます。仲介手数料以外にも、不動産を購入するときには登記にかかるお金なども頭に入れておかなければいけません。登記にかかるお金は、それなりに大きいですが、基本的には仲介手数料の半分以下になっていることがほとんどです。

Page Top