前へ
次へ

住宅を売却するときのインスペクション

住宅は購入したときは一生住み続けることを考えるでしょうが、いろいろな事情が出てきたときには売却するときもあります。戸建て住宅の場合は建物と土地をセットで売却するか土地のみで売却するのかを考える必要があり、土地だけで売却するなら取り壊しなどの費用が必要になります。築年数や建物の状況によっては家の価値があり土地の価格に上乗せして売却できるときもあります。当然家の価値を考慮して売却した方が売却額は高くなります。では住宅を建物付きで売却するときに何をしたらよいかですが、インスペクションをすることで価値を把握しやすくなります。インスペクションは専門家による建物の状況調査になります。メリットは専門家による公正な評価を受けられることで、調査結果が良ければ建物の価値が高くなりますし良くなければ低くなります。後で瑕疵が見つかった時のトラブルを防ぐためにも役立つでしょう。売却時でなくても現状把握の意味で行うこともあります。

Page Top