前へ
次へ

住宅におけるいろいろな面積の違いを知る

戸建て住宅と言えば庭付きを連想するかもしれませんが、最近は敷地ぎりぎりに建てられた物件を目にすることもあります。住宅を建てるときには建ぺい率や容積率を守る必要があり、建ぺい率が低ければその分土地に対して建物の敷地は少なくなります。いろいろな面積が出てくることになりますが、それぞれにどんな違いがあるかを知っておくと業者との打ち合わせの時にも対応しやすくなるでしょう。最も広いのが敷地面積で土地全体を表す言葉です。間違えやすいのが建築面積と施工面積で物件によっては同じになることもあります。建築面積は建物を真上から見たときの面積で通常は一階部分の面積になります。施工面積は建物以外の施工部分も含めた面積で、玄関ポーチやバルコニーが建物から出っ張っているときには建築面積よりもその分広くなります。これらの用語を何となくで使っていると業者に間違って伝える可能性があります。正しく理解して要望をしっかり伝える必要があるでしょう。

Page Top