前へ
次へ

不動産購入と債務整理の知識

過去に債務整理をしたことがある人は、不動産を購入することができないのではないかと考える人もいるかもしれません。確かにその点に関しては、決して間違いではないと言えるでしょう。しかしながら、必ずしもそうとは言い切れない部分もあります。基本的に、債務整理をした場合に住宅が購入できない理由は、住宅ローンを組んでいるからです。住宅ローンを組むときには、過去に金銭関係がどのようになっているかを調べることになります。この時債務整理をしていれば、著しく不利な結果になると言うだけです。つまり、住宅ローンを組まなければ、債務整理をしても何ら問題がないといえます。ただ現実的に考えれば、債務整理をする人のほとんどは住宅ローンを組むことになるでしょう。ごく1部の例外を除けば、債務整理をした段階で十分にお金を持っていないわけです。その後、住宅を購入できるほどにお金を貯める例はほんのごく1部の人だけでほとんどないと言えるでしょう。

Page Top