前へ
次へ

アパートを選ぶ際に気をつけたこと

不動産をはじめて借りたのは、大学生の頃でした。大学への進学のために他県へ移住することになり、その時にはじめて不動産を探すという行為をしたことを鮮明に覚えています。利用したのは、大学生協が斡旋する不動産業者です。食堂にいくつか物件が張り出されていて、その中から気になる物件をチョイスし、スタッフに物件が見たいことを伝えます。そうすると、その物件を管理する不動産業者が来るまで案内してくれるので、内見を経た上で物件を借りるかどうかを決めることができます。アパート選びで気をつけたことは、内見を必ず行うことです。写真や情報だけでは、正直どのような物件なのかわかりにくい部分があります。また、実際に賃貸物件を見ることで、その後の生活を強くイメージすることができるようになるので、内覧には全体に行くようにしましょう。また、賃貸物件の周辺をできるだけチェックし、環境が良いかどうかを確かめることが賃貸選びに大切です。

Page Top